乗車時間が長いのにお得?

福岡から東京までの距離というのは、非常に長いです。日本は地図だけ見ると小さい国なのであまり感じないという人もいるでしょうが、夜行バスの移動距離と乗車時間を知るといかに離れているのか実感できます。移動距離は1,100km程度、乗車時間は約15時間半です。15時間も夜行バスに乗ったままになるとわかると、安くても魅力に感じられなくなるという人もいるかもしれません。

たしかに乗車時間は非常に長いのですが、移動は夜です。バスが走っているあいだ眠っていれば、朝には到着しています。ぐっすりと眠っていれば、あまり長くバスに乗っている感じはしないでしょう。

ただ、眠れないとツライのですが、耳栓があるとまわりの音が気になりにくくなりますし、アイマスクがあると光が気になりません。女性も女性専用席があればまわりに男性がいないため安心して乗っていることができます。また、夜行バスのグレードを高くすることにより、疲労を感じにくいシートに座ることが可能です。すぐ横に人が座っていると気になって眠れないという人は、独立シートを選択する手段があります。

そのほか、靴を脱いで車内では過ごせますし、スリッパがあることも多いです。寒い場合のブランケットもある場合も多いです。途中のトイレもトイレ付車両やサービスエリアに立ち寄るバスがあれば安心でしょう。

比較予約サイトの利用

福岡から東京まで、最安値で行ける夜行バスを簡単に探せたらいいと思いませんか?インターネット上で開設・運営されている夜行バスの比較・予約サイトを利用すれば、それが実現します。複数の比較予約サイトがありますが、利用方法はおおむね共通しています。まずはバスを検索し、次に予約する、そして料金を支払って出発、たったのこれだけです。

検索は出発地と目的地、出発日などを入力して行なうだけで、出発日に出ている最安値の夜行バスがわかります。予約は24時間受付のことが多く、急に移動しなければいけなくなった場合も安心。支払いはクレジットカード、コンビニなど複数あり、都合の良い方法を選択することが可能です。あとは当日、集合場所に出発時間までに余裕を持って行くだけです。

なお、比較予約サイトでは、最安値であることだけを見てすぐに予約を決めるのはやめておいたほうがいいです。シートの列数、トイレの有無、座席指定の可否、女性専用席の有無、コンセントの有無、ブランケットの有無、カーテンの有無、子ども割引の有無など、条件が異なります。ただ単に安いだけでなく、必要な設備などが整っていて安い夜行バスを予約することが、快適な旅をすることにつながります。

福岡~東京の夜行バス料金

夜行バスは、夜に出発して次の日の朝に目的地に着く長距離バスのことをいいます。最大のメリットとしては、低料金で目的地まで移動することが可能な点があげられます。福岡を出発し、東京へと向かう夜行バスも運行されていますが、具体的な金額はいくらぐらいかかるのでしょうか。

安い夜行バスの場合、東京まで8,000円程度の料金で行くことが可能です。なお、この価格は片道、直行便の場合です。子ども割引が適用されることにより、子どもは50%OFFの運賃で乗車することが可能な夜行バスもあります。また、トイレが付いている夜行バスの場合には10,000円以上かかることが多く、女性専用席がある夜行バスも10,000円以上の価格に設定されていることが多く、15,000円ほどかかることもあります。トイレだけでなくコンセントや無線LANなどが付いている夜行バスの場合には、17,000~19,000円程度の価格に設定されていることが多いです。乗継便に関しては、選択する便によっては直行便より割安な金額で東京まで行くことが可能です。

ほかの交通手段と比較してみると、新幹線の場合は最安値で22,000円弱のお金がかかります。また、夜遅くに東京に向かって出発するということはできません。飛行機の場合は格安航空会社利用の場合は5,000円を切るケースもありますが、既存の大手航空会社では安い場合で10,000弱、高い場合は30,000円弱のお金がかかります。安い便の場合は、早朝や夜遅くというように、不便な時間帯の搭乗になることが多いです。

当サイトでは、より安く夜行バスに乗るための方法をご紹介します。ほかの交通手段の料金や出発、到着時間、空きなどと照らし合わせて、夜行バスがお得な場合には積極的に利用しましょう。ここで提供する情報がそのための一助となれば幸いです。

福岡から東京までの夜行バスの料金は?最安値でお得に予約するには?